安いマツエクで失敗しないサロンの選び方と低価格ランキング

マツエクは定期的に通うことが必要なのでなるべく安く出費をおさえたいものです。

しかしいくら安くても技術が劣っていたり持ちがよくないようなサロンは避けなければなりません。

また実際行ってみたらいろいろな追加料金が必要であったり思った以上に高額になることがありますので事前にしっかりとポイントを抑えて賢くマツエクをしましょう。

また今回東京都内のマツエク料金を徹底調査し、安いサロンをリサーチした結果をランキングにしましたので参考になればと思います。

1.注意するべき3つのポイント

1-1.新規・初回限定に注意

「新規・初回限定」はその名の通り最初1回だけの料金です。

マツエクは3週間~1か月で自然に取れてしまうため維持するには定期的に通う必要がありますので、通常の料金を確認してから選ぶようにしましょう。

また中には安い料金で呼び寄せて高額なメニューを勧めるとような悪質なサロンもあるようですので注意が必要です。

1-2.クーポンに注意

美容サイトなどでクーポンを発行しているサロンがあります。これは基本的には新規顧客の獲得のために利用されているため2回目以降は通常のより高い料金となりますので確認が必要です。

また、グルーポン等いわゆる共同購入クーポンは定価の半額などお客様側にとってはとても安いのですが、サロン側には殆ど利益になりません。

にもかかわらずクーポンを継続的に出しているサロンは何らかの事情を抱えている可能性があり注意が必要です。

1-3.資格のないサロンに注意

マツエクは身体の中でも特にデリケートな目元に行うため、かなり高度な技術としっかりとした衛生管理が必要とされます。

マツエクが世の中に浸透し始めそれとともに健康被害などの問題が相次いだ結果2008年に美容師免許が必要な職業となったため、美容師以外がマツエク施術をおこなうとは違法です。

2.選び方の3つのポイント

2-1.美容師免許を確認する

自分が通っているサロンがちゃんとした資格を保持しているスタッフのいるお店なのかを確認するのもとても大切です。

必ずお店に美容師免許が置いてあるはずですので確認しておきましょう。

2-2.知人から紹介してもらう

もちろん美容師免許があるだけでは十分とはいえません。

なぜなら美容師免許を取得するために必要な技術はマツエクの技術とは全く関係がないため、美容師免許=アイリストとしての技術があるとはならないからです。

そこでサロン選びに有効なのがやはり友人等の口コミ紹介です。実際の体験に基づく評判はやはり技術の裏付けになります。

ただし、ネット上の口コミはステマや広告料稼ぎのアフィリエイトが殆どですのであまり信用しない方が良いでしょう。

2-3.マツエク専門サロンから選ぶ

マツエクを専門またはメインでおこなっているサロンをおすすめする理由は下記の3つです。

①技術が高い
マツエク専門サロンでは月に数百人の施術をしていますのでアイリストの経験による技術も自然に高くなる傾向にあります。

②新しい技術
マツエクは比較的新しい美容技法のため新しい技術や素材、デザインなどが次々と生み出されています。

マツエク専門サロンはそのあたりの情報に敏感ですので、お客様にとって適切な提案をもらえる可能性が高いといえるでしょう。

③料金が安い
一般にマツエク専門でおこなっているサロンの方が複合サロンと比較して料金が安い傾向にあります。

最近では付け放題で5,000円前後という格安なマツエクサロンもあり人気のようです。

3.マツエク安い料金ランキング(東京都内)

マツエクは一般的に付ける本数によって料金が変わります。そこで今回は比較のために誰もが十分に満足できると思われる120本以上を基準とした付け放題の料金で都内のマツエクサロンの価格を徹底調査した結果を報告します。

※料金は全て定価のみとし、初回・曜日・期限等の条件付き、またはクーポン利用等の料金は除外して比較しました。

1位 Menobi(新宿)
3,990円(セーブル 120本迄)

2位 eyest(銀座・新宿)
5,378円(シルク 120本迄)

3位 Eyelash More(新宿・池袋・銀座・渋谷)
5,990円(セーブル 120本迄)

4.まとめ

安いマツエクで失敗しないためにはまずきちんとした美容師免許を持ったサロンを選ぶことが最低条件です。

その上でマツエク専門または中心にしているサロンを選べば料金も安く高い技術の施術を受けることができて満足度アップ間違いなしでしょう。

また知人のおすすめ情報など口コミはやはりどの世界でも有効です。

プロがおすすめ!ひと目でわかる人気のマツエクデザイン

最近のマツエクは様々なものがあり、カールや長さだけでなく毛質でも仕上がりが変わってきますのでより自分にあったデザインになるようポイントを押さえておくといいでしょう。

まずは基本となる「カール」と「毛質」によるデザインの違いについて説明します。

1.カールの種類によるマツエクデザインの違い

カールとは毛の曲がり具合のことで、その形状によって

Jカール、Cカール、Dカール、Iカール、LCカール、LDカール等

他にもたくさんの種類があります。

その中でも代表的なものがJカール、Cカール、Dカールです。下のイラストを見れば右にいくほどマツエクのカールが強いことがわかります。

1-1.Jカール

最も自然で自まつ毛との接着面が一番広いのでマツエクの持ちが良くばらつきにくいため初めての方でも扱いやすいカールです。

派手になりすぎないのでナチュラルなマツエクデザインが好きな方やすっぴんの時に不自然になるのが嫌という方、普段ビューラーをしない方はJカールが一番オススメです。

1-2.Cカール


Cカールはマツエクで1番よく使われるカールでビューラーをしたくらいのカール感です。

パッチリとした仕上がりになるので目を大きす見せることができるデザインのマツエクとなります。

Jカールに比べると少し接着面が少なくなりますので、ばらつきも若干でやすくなりますが、普段ビューラーをされる方、ぱっちりしたい方はこちらのCカールくらいのデザイン感のマツエクが必須になります。

1-3.Dカール

もっともカールが強くマツエクをつけた感がしっかりあるカールデザインです。

自まつ毛が下がっていて、ビューラーしてもすぐ自まつ毛が下がってしまう方やまつ毛パーマを悩まれている方にオススメのカールです。

ただデメリットが結構多いカールになります。接着面がとても少ないのでマツエクの持ちが悪くばらつきやすいので初めての方にはあまりお勧めではありません。

ただ一重や奥二重でぱっちり見せたい等の悩みを解決してくれるには一番いいカールですので、コーティング剤を使ったり、セーブルのエクステを使用するなど改善方法はありますので、アイリストと相談していまのマツエクデザインに満足してないのであれば試してみるのもいいでしょう。

2.素材によるマツエクデザインの違い

お店やメーカーによって呼び方が違う場合があるので実際触って見るとよくわかりますが、大きく分けて

シルク】【ミンク】【セーブル

の3つに分けられます。

2-1.シルク

3つの中で一番硬い毛質でカールがしっかりしていて付けまつげのようなボリューム感のマツエクデザインになります。

値段は最も安い反面、重量も一番重く、硬いので初めての方には扱いづらく自まつ毛への負担が多くなることに注意が必要です。

2-2.ミンク

今一番主流の毛質がこちらのミンクエクステです。硬さも程よくあるので、ナチュラルなデザインでもマツエクをつけた感はしっかり感じることのできる毛質です。

しっかりボリュームが欲しい方でも初めての方でも試しやすいのがメリットです。

2-3.セーブル

もっとも柔らかさと軽いつけ心地の毛質で毛先が細く作られているのでほぼ自まつ毛に近いマツエクデザインになります。

1本1本が軽いので持ちが良く、何よりつけ心地がいい。

値段は一番高く、激安店では扱っていないところも多いです。誰でも扱いやすく自まつ毛への負担が軽いマツエクです。

 3.マツエクトータルデザインの違い

マツエクのデザインは長さやカール、太さなどで何種類もありますが、ベースとなる形は大きく分けると、3つに分けられます。

・ナチュラル(全て同じ長さで)
・キュート(黒目の上を長く)
・セクシー(目尻が一番長くなるように)

3-1.ナチュラル

 

初めてつける方で特に希望がない時はこちらのデザインがお勧めです。

長さや太さ、カールによりますが、自まつ毛に近いものをつければいちばん自然なマツエクのデザインになります。

長さを1mm違いで2種類使ってmixでつけてもらうとより自まつ毛に近いデザインになります。

目頭のところを少し短くしてもらうのもお勧めです。全てのマツエクデザインに言えますが、目頭のところは長すぎると違和感がある仕上がりになりやすいのと、触りやすく自まつ毛も細い場合が多く取れやすいので1mm~2mmほど短めでつけてもらう方が多いです。

3-2.キュート

 

黒目の上を長くすることによって目の縦幅を大きくくりっとした丸目に見せてくれる効果があります。

可愛らしい印象に見せたい方や、一重や奥二重の方でも縦幅を大きく見せることができるマツエクのデザインです。

二重の方はよりぱっちり見えてお化粧いらずの目元が手に入ります。

1番取れやすい目頭と目尻が短くなっていますので持ちが良く感じることができるデザインでもあります。

目をぱっちり大きく見せたい方全ての方にオススメのマツエクデザインです。

3-3.セクシー

目尻にかけて長くつけることで横幅を大きく見せて切れ長な印象に見せることができますので、可愛らしい印象よりもクールな感じや大人っぽくなりたい方にオススメのマツエクデザインになります。

目尻は寝る時に枕にこすれやすかったり毛が細い方が多いので、取れやすく感じる方が多いものでもあります。

ただこのマツエクデザインはデザインの幅も多く、目尻の長い部分のカールを徐々に緩くなるようにつけていくと
垂れ目にみえる効果があります。

4.まとめ

目を大きくぱっちり見せたいという方が多いのでやはりキュートのマツエクデザインがとても人気です。

また目の形や自まつ毛の状態でもできるデザインの幅は異なってきますのでアイリストにしっかりイメージを伝えて自分に合ったマツエクデザインをしてもらいましょう。

気になるボリュームラッシュのコツとメリット・デメリット

1.マツエクのボリュームラッシュとは

1本の自まつげに1本のマツエクを付けるシングルラッシュに対して極細のマツエクを2~6束くらいの束を作って1本の自まつげに装着する最新のまつげエクステ技術です。

ヨーロッパやアメリカを中心に2011年頃から大人気になり日本では2014年頃から少しずつ人気が出てきたようです。3Dレイヤー、3Dラッシュ、ロシアンボリュームラッシュ等呼び方は様々ですが全て同じものです。海外では装着する本数で呼び方が変わるようです。

1990年頃に韓国で発祥した束エクステがありますが、こちらはシングルエクステの上に重ねたり、2〜3本の自まつ毛に絡ませて付けていた上に太さもシングルと同じ(0.15mm等)でしたので自まつげにかなりの負担がかかり、技術的には全く異なるものです。

2.マツエクボリュームラッシュとシングルエクステの違い

片目約150本の仕上がりです。本数だけ見ると約3倍ですが、仕上がりイメージはだいたい100束でシングルの130本から140本くらいのボリューム感です。

左ボリュームラッシュ右シングルエクステ

2-1.太さの違い

1本あたりの太さはシングルエクステが0.1mm~0.2mmに対してボリュームラッシュは0.05mm~0,07mmとかなり細くなります。

2-2.ボリュームの違い

マツエクのシングルエクステは自まつ毛の本数=装着可能なエクステの本数となりますが、ボリュームラッシュは自まつ毛の本数の2倍以上のエクステの本数を装着可能です。

2-3.重さの違い

0.06mmのボリュームラッシュ4本分がシングルエクステ0.12mmと同じ重さなので自まつげにかかる負担をより少なくボリュームUPが可能になります。

3.初めてマツエクボリュームラッシュにトライするときのコツ

3-1ボリュームラッシュのデザイン

デザインの決め方はシングルのエクステの時と同様です。いつもつけているマツエクデザインをそのまま伝えれば問題ありません。

マツエク自体初めての方は、写真を見せたりイメージを伝えてアイリストと一緒に考えてもらいましょう。

「こうしたい」だけでなく「こうなるのは嫌」と伝えるのが初めての方でもイメージ通りの仕上がりになるコツです。

3-2.ボリュームラッシュの本数

シングルのエクステは100本なら片目50本ずつの仕上がりですが、ボリュームラッシュの場合、100束なら約300本くらいの仕上がりになります。

極細のエクステを束にしているため本数は3倍ほどになりますが見た目のボリューム感が3倍になることはありません。

また、ボリュームラッシュの場合自まつ毛の状態でfanの本数を変えていきますので本数の断言ができません。

ボリュームラッシュは付ける束数でかなり見え方が変わってきます。
いつもよりボリュームが欲しい、いつもと同じくらいがいいなど、必ず伝えてからつけてもらうようにしましょう。

心配であれば途中で一度見せてもらうのもオススメです。シングルよりお値段も高くなっていますので、後悔しないためにもアイリストとしっかりお話してから施術に入ってもらうのがいいと思います。

4.マツエクボリュームラッシュの付け方

自まつ毛の状態にあわせて0.05mm~0.07mmの極細エクステでfan(ファン)と言われる束状のエクステを作ります。

この時1本1本のエクステ同士の隙間が均一であることが求められます。マツエクの持ちや仕上がりに影響してきますので、かなり高度な熟練した技術が必要です。

 

作ったfanは1本の自まつ毛に装着しますのでその点はシングルエクステと同じになります。

5.マツエクボリュームラッシュのメリット

①極細のエクステをアイリストが自まつ毛の状態を確認しながら何本の束にするか決めて装着していくので負担が少なくボリュームUPできる。

②束のエクステを接着剤(グルー)が広い範囲で自まつ毛に絡むようにくっつくため持ちがいい

自まつ毛が少ない人や細い人等これ以上ボリュームUPできないと言われていた方もフサフサのまつげを手に入れることができる。

④少ない本数でもしっかりつけている感が出せる

⑤束でありながら1本1本は極細なのでかなり軽量で柔らかい仕上がりとなる。

右がマツエクボリュームラッシュ後実際の仕上がり

6.マツエクボリュームラッシュのデメリット

①束を作って付けての繰り返しなので時間がかかる。だいたい100束(300本)で90分くらいのサロンが多いです。

②高度な技術の取得が必要なこととシングルエクステに比べて時間がかかることからどうしても値段が高くなります。

クーポンを使っても最安値は6000円くらいでしょう。もちろん初回料金になるので2回目以降は10000円を超えるマツエクサロンがほとんどの現状です。

③フサフサ感はかなりありますが1本1本は極細なので濃くはっきりした感じはあまりなく、シングルの0.18mm~0.2mmくらいを使っている方は全く違った印象に感じる方が多いです。

7.まとめ

このようにマツエクはシングルエクステとボリュームラッシュではかなりの違いがあります。

感じ方には個人差があると思うので、隙間っぽくなったところだけや、ボリュームを出したいところだけなどにつけるのもお試しにはいいと思います。

お店によって1束単位でつけられるところもあるようなので、自分にあった方法で1度体験してみてはいかがでしょうか。

実際どうなの?美容マニアに話題のFCRトリートメントの効果~リアル体験レポート

ニキビやニキビ跡は美顔の大敵です。またシワやたるみ、くすみ・毛穴の開きなどお肌の悩みはつきません。

それらに効果的として最近にわかに注目をあびつつあるFCRトリートメントについて体験レポートを織り交ぜながら取り上げてみたいと思います。

1. FCRトリートメントとは

FCRトリートメントとは美容先進国韓国で開発されたハーブなどの自然成分を用いたピーリング手法のひとつです。

化学物質によって表皮を剥離するケミカルピーリングとは違いナチュラルに肌の細胞活性化を促進するものとされています。

しかし実際FCRトリートメントを導入しているサロンがまだ少なく症例があまり出回っていないため一部の美容マニアの方以外はどのようなものか知らない方も多いのではないかと思います。

ちなみに現時点においてホットペッパービューティーでFCRトリートメントと検索しても導入サロンは東京で10件ほどしかありません。

1-1.FCRトリートメントの概要

有効成分の入ったペースト(FCR)をハンドマッサージによってお肌に塗り込むことにより肌を活性化し再生させることを目的としたトリートメント施術です。

施術後徐々に薄皮がポロポロと剥がれるような感じで3~5日でターンオーバーが完了します。

1-2.FCRトリートメントの主成分

サンゴを主原料としたスポンジアと呼ばれるミクロの棘状(とげじょう)成分を高濃度に配合しています。

これが角質層に浸透して継続的に刺激を与えることにより細胞活性を促進します。

feature_ph01

1-3.FCRトリートメントの有効成分

カモミール、オオバコ草エキス、チャ葉などの自然植物成分を配合しお肌の鎮静を同時に行い、また アルブチンを配合することにより施術後の再生したお肌に更なる美白効果をもたらすとされています。

feature_ph02

1.4.FCFトリートメントの効果

新しく生成された細胞が下から押し上げられ、古く余分な角質の自然剥離が始まることにより、肌の透明感、弾力、シミ改善、毛穴の引き締まり、ニキビの改善等に効果があるとされています。

2.FCRトリートメントの料金

定価はいずれのサロンでも1回(90分程度)50000円です。高いですよね。(涙)

ただし新規のお試し初回については体験価格20000円~30000円程度で受けられるサロンが多いです。

調べた中でお試し価格の最安値は16,800円でした。

3.FCRトリートメント体験レポート

私がFCRトリートメントを知ったのは導入しているところにたまたま知り合いがいたからです。美容オタクを自認する私としてはこれは一度やってみなくてはと早速体験してきました。

それでは下記に私が体験したFCRトリートメントの実際をレポートしてみたいと思います。

3-1. FCRトリートメントの流れ

①当日:サロンに行き、カウンセリングを受け同意書を書きます。

②個室へ移動し、服が汚れないように上半身の服は脱ぎます。

③ベッドで寝て洗顔をしてもらいます。

④顔にスクラブのようなものを塗り込まれるイメージです。匂いが少し独特で、少し硫黄のような、なんともいえない匂いがします。サンゴを塗り込んでいくと、顔が腫れてきて熱をもっているような感覚になります。ズキズキしているような感覚ですが全然耐えられる程度です。

⑤顔全体に塗り終えたら、部屋の明かりを暗くして10分ほど放置です。さらに熱をもってきているようなイメージですが私はうとうと寝ていました。笑

⑥10分経過したら、顔にジェルをぬられます。沈静されます。ひんやりして気持ちいいです。またそのまま10分放置され、サンゴを顔から落とします。スポンジで落としてもらうのですが、多少痛いです。ちくちくします。サンゴはぽろぽろしていて、垢すりのようなイメージです。(顔からすごい量の垢が出ているような感覚です・・・笑)

⑦すべて取れたら、化粧水などで保湿してもらいます。そのとき顔を触られたら痛い。ちくちくします。細い針で刺されているような感覚です。

⑧着替えて終了。

3-2. FCRトリートメント後当日

7

鏡を見ると顔が真っ赤!腫れています。ちなみにマスクをしているだけで顔が痛いです。酔っ払いみたいな感じです。右の口元にあったニキビが悪化しているのがわかります。

これでは外を出歩けないのでマスクをして帰りました。(日焼けは厳禁なので昼間に行く方は注意してください!)

そして、当日の夜は洗顔などもできないし、メイクももちろんできないので家でパックをしてのんびりと過ごしました。

夜寝るとき普段は枕に顔をつけて寝るのですが、当日は顔になにかあたるとちくちくするので上を向いて寝ました。

3-3. FCRトリートメント2日目

翌朝になり、顔の赤さはだいぶましになりましたいよいよが皮がめくれ始めました。
2
まだ顔を触るとちくちくして痛いです。でも耐えられます。油断して彼に顔を触れて発狂しました。(笑)

顔がむくんでいるような分厚い皮が顔についているような感覚でした。ほっぺたの一部分はくすんだような茶色っぽくなっていました。

その日は洗顔もできるので顔を洗い、十分に保湿をしました。外に出かける際も日焼け止めだけをぬり、こまめに保湿をしました。

3-4. FCRトリートメント3日目

もう完全に顔の赤みや痛みはなくなりました。乾燥が目立ってきたため朝も夜もパックが必須でした。

この日はたっぷり保湿をしてメイクをしましたが、出かけて3時間ほどたつと顔の皮がぺりぺりと剥けてきて乾燥してきました。

周りの人は誰も気づきませんでしたが、FCRをした話をするとピーリングみたい!確かにほっぺたの皮がめくれてる!などと言われました。家に帰り、メイクオフしたらしっかりと保湿しました。

8

3-5. FCRトリートメント4日目

好転反応のせいなのか、白いニキビが顎に2つできました。つぶしたい気持ちはやまやまでしたが我慢。(笑)この日も朝洗顔のあとパックをして保湿しました。

メイクをしていないときはとにかく保湿に徹していましたが、ファンデーションを塗るとまた乾燥をして皮がめくれてきます。メイクオフのタイミングで一緒に皮がめくれているのがわかります。

4

3-6. FCRトリートメント5日目

保湿をかなりしていたので、そこまで皮が汚いかんじにめくれることなく肌の色がワントーン上がったような気がします。

口のまわりにあったニキビもすっかりなくなり、つるつるのお肌になりました。今後の経過も楽しみです。

5

4.CRトリートメントのメリットとデメリット

4-1. FCRトリートメントのメリット

・1回の施術でかなり効果がみられる

・肌のトーンがワントーン上がる

・にきびのあとが薄くなる

・にきびができずらくなる

4-2.FCRトリートメントのデメリット

・ダウンタイムに2~3日間を要する

・まだ導入しているサロンが多くない

・値段が高い

5. まとめ

私はOLで月に美容にかけれるお金は限られていますので定期的に通うにはかなり高い金額です。

しかし今まで皮膚科に行ったり高価な化粧水などを買ったりいろいろと試しましたが効果はFCRトリートメントが1番だと感じました。

その後2~3週間に1回のペースでFCRトリートメントをしましたが今は肌荒れもほとんどしなくなりました。

今までファンデーションを厚塗りしすっぴんでは外に出たくなかったですが全然余裕になりました。

興味のある方は一度FCRトリートメントを試してみられることをおすすめします。